2010年01月26日

壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開(産経新聞)

 京都市中京区の壬生寺に伝わる重要無形民俗文化財「壬生狂言」の演目「節分」が2月2、3日に上演されるのに合わせ、絹ちりめん製の大幕が制作され、20日、報道陣に公開された。

 毎年、有志団体「壬生狂言衣裳を応援する会」が壬生狂言で使われる衣装を新調して寄贈。今年は、衣装に代わり、壬生狂言公開時だけにかかる大幕と同じ寸法(縦1.3メートル、横約6メートル)の幕を、10人の京の著名な染織・工芸作家らが「桜」をテーマに約8カ月間かけて制作した。

 同寺の松浦俊海貫主(75)は「実に絢爛(けんらん)豪華。壬生狂言とともに、染織の伝統も守っていくために、残していかなければいけない」と話した。

【関連記事】
狂言師・野村萬斎「洟垂れ小僧の仲間入り」
室町時代の能絵巻 米で発見
「女性セブンめ…」福山雅治、記者からの質問に苦笑い
壽初春大歌舞伎で4役…歌舞伎俳優 坂田藤十郎
野村萬斎、新春狂言「笑っていただければ」

小沢幹事長 虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)
自民・谷垣総裁、陸山会事件など21日に質問へ(読売新聞)
上げ馬神事 馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
鳩山政権の政治主導は「疑問」 古川元官房副長官(産経新聞)
posted by アリタ タカオ at 05:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。