2010年06月08日

技あり!柔道初段の女子高生、ナイフ奪い知恵使い強盗御用(スポーツ報知)

 “明石のヤワラちゃん”がお手柄だ。兵庫県警明石署は31日、強盗未遂容疑で明石市魚住町のアルバイト店員・森郁弥容疑者(20)を逮捕した。被害に遭った柔道初段の女子高校生(18)が、容疑者の手首をつかんで凶器の果物ナイフを取り上げる有段者ぶりを発揮。さらに機転を利かせて森容疑者の実名とメールアドレスなどの連絡先を聞き出し、後日の逮捕劇につなげた。

 明石署によると森容疑者の逮捕容疑は、5月25日午後11時20分ごろ、明石市内の商業施設にある女子トイレで、同市に住む女子高校生にナイフを取り出すなどして、金を脅し取ろうとした疑い。

 女子高校生は施設内のレンタルビデオ店で用事を済ませた後、トイレに入ったが、個室を出ると、待ち伏せしていた森容疑者が突然、目の前に現れてつかみかかってきた。

 森容疑者はナイフをさやから取り出したが、柔道初段の高校生は素早く森容疑者の手首をつかんでナイフを奪い「こんなことしたらアカンよ」となだめた。すると森容疑者は急に態度を変え、「ドライブしようや」と、誘ってきたという。女子高校生が「今日は用事があるからダメ。後日連絡する」と、森容疑者の名前と携帯電話の番号、メールアドレスなどを、携帯電話の赤外線送受信機能を使って交換した。

 その後、明石署に相談した女子高校生は30日、同署員の指示通り、森容疑者を携帯メールで事件現場近くに呼び出した。森容疑者から「(施設内の)アイスクリーム店の前で」と、マヌケにも返信があった。午後2時すぎ、森容疑者が待ち合わせ場所に出現。張り込んでいた同署員が任意同行を求めると、「間違いありません」と容疑を認めたため、31日未明に逮捕した。

 同署は「女子高校生は小柄でかわいらしい子。とても柔道をしているようには見えない」と驚き、「柔道歴までは把握していないが気丈な女性で、とても冷静に行動されたと思う」と感心しきりだった。女子高校生は「絶対に捕まえなアカンと思ったから、きっかけをつくるために連絡先を聞き出した」と説明したという。

 一方、森容疑者は自身も別のレンタルビデオ店への勤務歴があり「ビデオ店に来る女性は大概、お金を持っている。深夜なら客も少ないし、ナイフをちらつかせれば何も言わなくとも金を出すと思った」と供述。強盗目的が、途中からナンパ目的に変わった点を含め、明石署ではさらに詳しい動機を調べている。

 【関連記事】
店員、竹刀「一本」で強盗撃退

首相、東アジア共同体構想の取り組み表明 「米国の関与不可欠」(産経新聞)
菅氏が出馬表明=4日に民主代表選−後継選び本格化(時事通信)
<乳児揺さぶり>24歳父親に猶予判決 大阪地裁堺支部(毎日新聞)
少子化担当相に蓮舫氏内定=菅氏、閣僚・党人事の調整本格化(時事通信)
位置ゲー コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
posted by アリタ タカオ at 01:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。