2010年03月01日

19年分でも不起訴処分 小沢氏不記載(産経新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は、平成19年分の政治資金収支報告書に虚偽記載をしたとして、市民団体に同法違反罪で追加告発されていた小沢氏について改めて不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

 告発状などによると、小沢氏は元会計責任者で公設第1秘書、大久保隆規被告(48)らと共謀。19年分の陸山会の収支報告書に、自身への借入金返済の4億円と関連政治団体からの寄付計1億5千万円を記載しなかったほか、関連政治団体からの寄付計7千万円があったように装い、虚偽の記載をしたとされる。

【関連記事】
“凋落”民主…身内から次々と責任追及のイヤミ
民主選対、大ブレーキ「説明ナシ」小沢氏に「恫喝」石井氏
小沢氏が波紋呼ぶ発言「考えるところある」
小沢氏、平成19年分の政治資金虚偽記載でも不起訴処分に 東京地検
共産・穀田氏、「小沢氏を潔白だと誰が信じているのか」 

<夕張市>財政再生案提出、17年間で赤字322億円解消(毎日新聞)
心神喪失で不起訴から、責任能力認め懲役10年(読売新聞)
「谷垣語解釈して」記者会見で謎の訴え(産経新聞)
<ゴルフボール>特許侵害認定 輸入米社に賠償命令(毎日新聞)
雑記帳 “究極”のすし折り登場 18店の定番詰め合わせ(毎日新聞)
posted by アリタ タカオ at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。